代表者ご挨拶

子どもの好奇心や得意なことを見つけ、成長をサポートしていきます。

リトルスターキッズクラブ代表<br>大久保 真弓
リトルスターキッズクラブ代表
大久保 真弓
ご挨拶
リトルスターキッズクラブ代表の大久保真弓です。
私は三児の母で、上の子ども二人は年子です。働きながらではありましたが、違う幼稚園・学校に通わせ、また受験もその都度経験しました。自分だけでは育児が出来ずに、多くの方に力を借りて育てて参りました。まだワーキングマザーという言葉が認知され始めたくらいの事です。
当時、私自身も信頼できるベビーシッターさんや託児所等がなかなかわからない状況でした。そこで、皆様が迷わず安心して預けていただけるサービスをご提供しようと、平成20年に「シッターサービス・リトルスター」を開始しました。しかしながら、シッターを依頼し自宅に招き入れるという習慣がまだ一般的ではなく、不安を抱える親御様も多く、真の育児支援には程遠いと感じました。また、働きながら幼稚園や習い事に通わせ、さらにお受験をすることも難しいと感じたので、シッターとは違う、集団の中で学び遊ぶことができる保育施設を平成24年に開園いたしました。それが「リトルスターキッズクラブ」の始まりです。

リトルスターキッズ・コンセプト

集団でありながら、個性を大切に、大切なお子様のかけがえのない時間をお預かりする責任を果たす、One&Only(唯一無二)な場所で有りたいと、職員一同が心がけております。

子どもは無限の可能性があります。

私どもに保育させていただける機会をいただけるのであれば、多くの経験を共にし、「運動」(雲梯やボルタリング、マット運動など)「音楽」(リトミック・ピアノレッスン)「絵画造形」(お絵かき・制作)などのプログラムから、自己表現のアウトプット方法を導き、子どもの好奇心や得意なことを見つけ、成長をサポートしていきます。

また、保育プログラムに取り入れたモンテッソーリ教育の時間には、自主性を育てる教具や環境を整え、集中できる精神や自立する心を育みます。日々の指導にも自主性を尊重し、子どもたちの創造性を大切にいたします。

リトルスターキッズクラブは、家庭的保育環境の中で、様々なプログラムを組み入れ、お子様の成長を最大限に引き出す子育てのパートナーとなりたいと願っております。
施設の安全性や衛生面におきましては、認可外保育施設でありながらも、弊社が運営する認可保育園の基準に準じて運営して参ります。

少子化の進む中、大切な命に最大限の愛と遊びと学びで、素晴らしい人間の土台作りをお手伝いすることを、リトルスターキッズクラブの使命と考えております。
「リトルスターキッズクラブに通ってるよ!!」と自慢していただけるように、日々保育内容の充実・サービスの向上のために、たゆまず努力してまいります。

どうぞ、リトルスターキッズクラブをよろしくお願いいたします。

お問い合わせはお気軽に